スポンサーリンク


整備士を辞めたい人におすすめ!異業種に転職するなら何がいい?

 

整備士を辞めて異業種に転職したいけど、 どんな職業に転職できるんだろう?

こんな悩みを抱えていませんか?

 

確かに、整備士って給料が少ない上に、残業も多く大変です。

中には人間関係がよくない職場もあり、苦労されている人も多いでしょう。

 

でも転職は人生を大きく左右するから、慎重に決めたいところ。

また、転職する上での注意点を知っておかないと 逆に人生が転落してしまいます。

そこで今回は、転職で悩んでいるあなたに整備士から転職できる職業転職する上での注意点ををご紹介していきます。

 

整備士が転職するならコレ!おすすめの異業種TOP5

運送業

整備士からもっとも簡単に転職できる職業と言えば、運送業ですよね。

トラックの運ちゃんやタクシードライバーなど、人や荷物を運送して給料をもらう仕事です。

 

運送業は日々の整備も欠かせないので、元整備士であるとそれだけで優遇ます。

また、車の運転は慣れたものなので、簡単に転職できる職業でしょう。

 

特に長距離ドライバーであれば、比較的高収入に期待できるので、おすすめですよ。

また、立ちっぱなしの整備士とは違って、常に座っているのでとても楽な仕事です。

エアコンもありますし、仕事環境は整備士よりもいいでしょう。

収入 450万〜650万円
メリット
  • 給料UP
  • ずっと座っていられる
デメリット
  • 夜に出発することもある
  • エコノミー症候群になりやすい(ずっと同じ姿勢でいるため)

 

アジャスターなどの保険関係

「アジャスター 保険」の画像検索結果

こちらもオーソドックスな転職先です。

整備士は保険を扱うし、ディーラーに勤めている人であれば、多少の保険知識はあるはずです。

そのため、勉強は必要ですが、整備士から保険会社やアジャスターに転職する人も多いです。

 

保険会社のデメリットはまとまった自分の時間がなかなか取れないことが挙げられます。

担当のお客様がいつ何時連絡してくるか分かりませからね。

場合によっては休日出勤もあるようですよ。

 

ただ、それだけ給料も高く結婚を機に転職する人も多いです。

収入 400万〜600万円
メリット
  • 整備士より給料が高い
デメリット
  • 休日も仕事に追われる
  • 勉強が必要

 

自動車メーカーへの転職

「自動車ライン」の画像検索結果

こちらもよくある転職先です。

自動車メーカーといっても、生産ラインや開発、性能テストなど様々。

ただ、どれも同じ作業の繰り返しのため、比較的給料は高いです。

生産ラインなどの単純作業は意外と大変なので、給料が低いと辞めていく人も多いですからね。

 

また、お客さまと接する機会も少ないので、比較的安定した休日が取れます。

収入 650万〜850万円
メリット
  • 給料が高い
  • 休日がまとまっている
デメリット
  • 同じ作業の繰り返しで精神的に辛い

 

整備士学校の教員

「整備士学校 教員」の画像検索結果

トヨタや日産、ホンダなど全国にもたくさんの整備士学校が存在します。

元整備士であれば、簡単に転職できる職業です。

もともと知識もあるので、多少の勉強をするくらいで大丈夫でしょう。

 

給料は整備士と変わらないくらいですが、メーカー校であれば、エアコンも効いた部屋で涼みながら仕事ができます。

また、夏休みなど長期での休みが取れるのも魅力的ですね。

今現在休みが取れなくて大変!と言う人にはおすすめの職業です。

収入 350万〜500万円
メリット
  • エアコンの効いた部屋で仕事ができる
  • 昼食が同じ時間に取れる
  • 土日休みで長期でも休める
デメリット
  • 給料はいまいち
  • 生徒との関係づくりが大変

 

 

 

アフィリエイター

関連画像

聞きなれない職業かもしれませんが、アフィリエイターは爆発的な収入を得ることができる職業です。

具体的にはネットを使って企業の商品を紹介し、売れたら紹介手数料がもらえる仕組みですね。

 

一般的な労働収入の職業とは異なり、権利収入の職業である アフィリエイターは自分が働かなくても収入が発生します。

権利収入とは分かりやすく言うとYoutuberみたいな感じですね。

Youtuberは動画をアップしたら、勝手に再生されてお金が発生します。

アフィリエイターは動画ではなく、テキスト版のYoutuberという肩書きです。

 

爆発的な収入を得られる一方でデメリットもあります。

Youtuberも同じですが、 最初は全く収入が発生しません。

そのため、この辛い時期を乗り越えなければ、天国は待っていないです。

 

ただ、アフィリエイターはネットビジネスに含まれますが、初期費用はほぼかからないビシネスモデルで、副業として始められるので、成果が出てから整備士を辞めることもできますよ。

 

実際に 僕も整備士のかたわら、アフィリエイトで副収入を得ています

興味のある方は「整備士でもできるネットビジネス!僕が稼いでいる方法を大公開!」をご覧ください。

収入 0円〜数千万円以上
メリット
  • 爆発的な給料が手に入る
  • 働かなくても収益が発生する
デメリット
  • 成果がでるまで時間がかかる

 

ちょっと待った!転職する上での注意点

ここまで、整備士の転職先をいくつかご紹介してきましたが、転職には注意点があります。

ここを押さえておかないと人生が良くなるどころか、 逆に転落してしまいますので、注意してください。

転職先の人間関係が良いとは限らない

今の職場の人間関係が嫌で転職したけど、実際に転職したらもっと悪かった

これは転職した人の失敗体験談良くある話です。

 

人間関係はどの職場でも問題視されており、これは実際に職場で働いてみないと分かりません。

上司からの圧力が思った以上に強かったり、中には後から入ってきた人を好まない人もいます。

そういう人からのちょっとした「いじめ」もあるようです。

 

また、 現在の職場で良好な人間関係を築けない人は、転職しても同じパターンになることが多いそうです。

そのため、「知り合いがいるところに転職する」「そもそも転職しない」など慎重に決める必要があります。

 

契約通りの残業時間であるとは限らない

こちらも良くある話で、残業が聞いていた話と違うこともあります。

「定時帰できます」と聞いていたのに、実際はバリバリ残業している。

なかには定時に打刻はするけど、サービス残業という会社もあるようです。

 

採用する側はとにかく人員が欲しいので、あの手この手で募集してきます。

転職する際は全ての情報を鵜呑みせずに、疑ってかかった方が良さそうですね

 

自分が思っているほど楽な仕事ではない

「椅子に座って業務をこなすだけの楽な仕事かと思ったら、クレーム対応をやらされた」など思っていたよりも辛い仕事内容のケースがあります。

エアコン完備とあるのに、温度が35℃以上じゃないとつけてはいけないなどもあるようです。

このように 自分が思っていたのと違うことも良くあるので、注意してください。

 

簡単に注意点を紹介してきましたが、転職には他にも注意することがあります。

詳しくは「転職時の注意点と失敗体験談!」をご覧ください。

 

結局整備士からの転職でおすすめはどれ?

転職には実際に職場で働いてみないと分からない大きなデメリットがあります。

人生を大きく左右する転職なのに、ギャンブル性がとても高いですよね。

なのでおすすめとしては、 アフィリエイターのように個人で稼げる職業です。

 

アフィリエイターであれば、副業で始められるので、転職よりもよっぽどリスクが少ないです。

また、僕のように時間のない整備士でもコツコツと作業をすることで稼げるようになります。

 

アフィリエイトについて詳しく知りたい方は「整備士の僕がネットビジネスで稼いでいる方法を大公開!」を読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です