スポンサーリンク


整備士サラリーマンがペラサイトで稼ぐ!その手法や作り方を大公開!

 

どーも、整備士ライターのじゅんじゅんです。

今回は整備士サラリーマンの僕が、ペラサイトで稼いでいる手法やその作り方をご紹介していきます。

同じ自動車整備士で苦労されている方は、人生を変えるチャンスですので、ぜひ読んで見てください。

 

ペラサイトって具体的にどんなもの?

まだ、ネットビジネスのいろはも知らない人はペラサイトって何?と思われていることでしょう。

そもそもサイトとは、インターネット上に上がっているメディアのことです。

GoogleやYahoo!で何かを検索した時に、いくつか記事が表示されますよね。

これがいわゆる「サイト」と言うものです。

 

例えば、今あなたが読んでいるこの記事。

これもサイトの1つです。

このサイトには複数の記事がありますが、ペラサイトとはペラペラなサイトを意味する言葉です。

つまり、1記事だけのサイトのことを言います。

この1つの記事だけのサイトを何十何百と量産して、商品を買ってもらうのがペラサイトアフィリエイトです。

 

ではなんで整備士の僕がペラサイトを勧めているのでしょうか。

それを次で説明していきますね。

 

ペラサイトはなんで稼げるの?

通常サイト内に多くの記事がある方が稼ぎやすいです。

これは以下の理由があります。

  • 記事が多ければ多いほど、多くの人に見てもらえる
  • ドメインパワーが強い

 

ここでは詳しく説明しませんが、ペラサイトとこのサイトのような記事がたくさん入ったサイト(以下、複数サイト)では複数サイトの方が稼ぎやすいです。

では、なぜ僕が複数サイトではなく、ペラサイトをおすすめするのか。

 

それは「成果が出るまでが圧倒的に早いから」です。

たったこれだけなのですが、これがとーっても重要なんです。

 

と言うのも、人間のモチベーションは長く続きません。

人生の中で「筋トレしよう!」と思ってから、何日続きましたか?

「タバコやめよう!」と思ってから何日禁煙できましたか?

きっとそれほど長くはないでしょう。

 

中には禁煙に成功した人もいるかもしれません。

でも、多くの方は良くて1ヶ月というところでしょう。

早い人は数日、最悪数時間という人もいるのではないでしょうか。

 

このように、人間のモチベーションは長く続かないから、成果が出るのは早くなくてはいけないのです。

そのため時間のない整備士にとって、ペラサイトはとってもマッチした手法なんですね。

 

【ペラサイト準備編】お金はどれくらい必要?

さて、ペラサイトで稼げると言うことはお分かりいただけたところで、実際にどれくらいの元金がいるのかをご説明していきます。

 

結論から言うと、だいたい4万円程度です。

「え、そんなにするの?」と思われた人もいれば、「そんだけ?」と思われた方もいるでしょう。

 

僕の見解としてはとっても安くてほぼリスク0だと思っています。

だって、考えてみてください。

ビジネスでラーメン屋を開こうと思ったらどれだけの金額がいると思いますか?

  • 店代
  • 土地代
  • 人件費
  • 材料費
  • 光熱費

どれだけ安く見積もっても数百万円はしますよね。

 

それがネットビジネスだとたったの4万円ですよ。

比べ物にならないほど安いですよね。

 

しかも、「自己アフィリエイトの始めた方」にもあるように、クレジットカードを作るだけで、5万円稼げるんです。

しかもリスク0です。

お金は必要ありません。

本当にクレジットカードを作るだけです。

ここでに手に入れた5万円を元金に当ててしまえば、実質リスク0でペラサイトを作れます。

 

このように、ペラサイトって元金がとっても安いビジネスモデルなんです。

 

とは言え、4万円お内訳も気になると思いますし、サイトの立ち上げ方も分からず、頭にたくさんの?マークが浮かんでいることでしょう。

ちなみに4万円の内訳は以下の通りです。

  • サーバー代(1年で1万円程度)
  • ドメイン代(1サイト1円〜300円程度)
  • SIRIUS代(25000円程度)

 

これらは時間のない整備士には必ず必要なものになってきます。

サイト自体は無料でも作れますが、月に数万円以上の利益を求めるなら、上記の出費は必須です。

 

とは言え、サーバーって?SIRIUSって?と思われていると思いますので、それも含めてペラサイトの作り方をご説明していきますね。

これから説明することはA8.netに登録をしてあることが前提です。

まだ登録していない方はA8.netから登録しておいてください。

 

ペラサイトの作り方その1:SIRIUS(シリウス)を購入する

まずやることはSIRIUS(シリウス)を購入することです。

SIRIUSとは、サイトを作るツールだと思ってください。

 

わかりやすく言うと、サイトが物を販売するお店だとしたら、SIRIUSはそのお店作る業者さんと言うことになります。

ただ、リアルであればお店は業者に作ってもらいますが、ネットであれば自分でお店(サイト)を作らなければいけません。

そのお店(サイト)を初心者でも簡単に作れるのがSIRIUSなんです。

 

SIRIUSの料金は25000円程度。

ペラサイトに必要な金額の半分以上がこのSIRIUSです。

それだけSIRIUSは大事なツールなんですね。

 

注意

SIRIUS以外にもWordPress(ワードプレス)が有名ですが、ワードプレスはペラサイト向けではありません。

ワードプレスはサイト作成に時間がかかり1サイトを立ち上げようと思ったら、SIRIUSでは10サイトは立ち上げることができます。

それだけ、ワードプレスのセッティングは難しいです。

短時間で収入を発生させるにはSIRIUSは必須です。

 

【通常版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

補足

通常版と上位版の違いはスマートフォン対応か非対応かです。
現代はパソコンよりスマートフォンユーザーが多いので、上位版をお勧めします。

他にも「目次の簡単生成」、アフィリエイトにかかせない「リンクの簡単生成」があります。
金額は通常版が18800円、上位版が24800円ですが、上位版の方が簡単に記事の作成ができるので、初心者は上位版を購入しましょう。

※通常版を購入しても後から上位版に変更も可能です。

 

ペラサイトの作り方その2:サーバーを取得する

次にやることはサーバーを取得することです。

サーバーとはネット上の私有地だと思ってください。

 

例えばラーメン屋さんを開こうと思った時に必ずいるのがお店ですよね。

ネットでも同じでサイトを作るには「土地」が必要になってきます。

 

しかし、リアルとの違いは土地は1つでいいと言うことです。

例えば、お店を何店舗か開くためにはそれだけの土地を借りる必要があります。

これがネットだと、1つの土地(サーバー)で複数のお店(サイト)を営めるんです。

 

サーバー代は月ごとで契約できますが、毎月更新するのは大変です。

そのため1年での契約が無難でしょう。

1年と言ってもだいたい1万円程度なので、飲み会を2回我慢すればいい程度ですね。

 

サーバーを取得するにもいくつか業者はありますが、マイナーな業者だとサイトを開くのが遅くなったり画像をなかなか読み込まなかったりします。

あなたもネット上でサイトが開かない経験をしたことがあるかと思います。

この時、諦めて他のサイトに行きますよね。

他の方も同じで、せっかく見てもらえそうだったのに、サーバーが良くないせいで報酬を逃す可能性があります。

 

そのため、一番ポピュラーで軽い「エックスサーバー」がいいでしょう。

エックスサーバーは多くの人が使っていますので、何か不具合があったときに、ググれば出てきます。

ネットに疎い方でも安心なので、無難なエックスサーバーにしておきましょう。

 

ペラサイトの作り方その3:A8.netから良さそうな案件を選ぶ

次にA8.netで売れそうな案件を探します。

例えば、自動車関係であれば、洗車やコーティング用品、自動車買取サイトの紹介、エアロパーツの紹介などがあります。

他にも家具や家電、転職サイト、婚活サイト、化粧品、ガスや電気水道の契約など様々です。

その中から売れやすそうな物を選びます。

 

最初は自分が興味のあるものがいいでしょう。

と言いつつ、僕のおすすめは化粧品です。

男性は理性で生きるのに対し、女性は本能で生きます。

そのため女性は、ネットでいい商品があったらすぐ買ってしまうのです。

つまり、男性より女性の方が商品を買ってくれやすいんです。

商品を買ってくれると言うことは自分の収入に繋がりますので、何を題材に記事を書くか迷ったら化粧品がいいですよ。

 

ペラサイトの作り方その4:ドメインを取得する

案件を決めたらドメインの取得です。

ドメインとは、お店の住所みたいなものです。

土地(サーバー)とお店(サイト)があっても住所がなければ、お店は構えられませんよね。

このサイトの住所(ドメイン)は「https://itojunblog.com」です。

itojunとは私の本名をいじったもので、そのあとにblog(ブログ)とつけています。

 

このようにドメインはすでに存在しているものでなければ、自分で決められるんです。

今後ペラサイトをやっていくと、いくつものドメインを取得することになります。

その時に商品と関連性のないドメインだと管理がしにくいので、先ほど決めたA8.netでの商品名やそれに関連したドメインと取得するのがいいです。

 

例えば、「アイセラム」という化粧品を取り扱うとしたら、ドメインは「https://eye-serum-effect.com」や「https://aiseramu-kouka.net」とかですね。

これだと、ドメインを見ただけでなんの商品を取り扱っているかわかるので、管理がしやすいです。

ドメインはエックスサーバーと一緒の会社の「エックスドメイン」がいいでしょう。

関連させやすいですし、サーバーと一緒で問題が発生してもググれば答えがすぐに見つかります。

 

以上がペラサイトの準備です。

時間にして半日もあれば事足りるでしょう。

なんだか難しい言葉も出てきましたが、やってみると意外と簡単ですので、とりあえずトライしましょう。

やる前からぐだぐだ考えても何も変わらないし、時間の無駄ですからね。

 

 

次章では具体的なペラサイトの作り方をご説明していきます。

SIRIUSがないと理解不能ですので、購入してから読み進めてくださいね。

 

【ペラサイト構築編】SIRIUSとサーバーを紐付けしよう

 

ペラサイトの記事を書く前にSIRIUSとサーバーを紐付けをする必要があります。

ここではそのやり方を写真付きで詳しく解説していきますね。

まず、SIRIUSを立ち上げたら、画像のように初心者モードか通常モードかを選択する画面になります。

これは初心者であっても「通常モード」を選択してください。

通常モードでもこの記事を読めば問題なく使えます。

 

 

通常モードを選択したら、左上の「新規作成」を押してください。

 

すると上の画像のような画面に切り替わります。

この画面はサイトの全体設定をする画面で、記事のタイトルやデザインを決めたりすることができます。

この段階ではサイト名やデザインは何でも構いませんが、記入しないければ次に進むことができません。

なので、「サイト名」に仮の記事タイトルを打ち込んで、「テンプレート」からお好みのデザインを選択して「OK」を押してください。

 

OK押したら上の画像のような画面になりますので、設定→FTP設定→新規設定の順にクリックします。

すると下のようなポップアップが出てきます。

ここにサーバーの情報を記載してください。

 

エックスサーバーの場合、サーバーパネルにログイン後、FTPアカウント設定をクリック。

ドメインを選択して、FTPソフト設定の順番にクリックすると下の画面になります。

この赤枠の情報を先ほどのSIRIUSの「FTP接続先の設定」に打ち込めばオッケーです。

接続先の名前は自分でわかるものであれば、なんでも構いません。

なおこの入力は一度行えば保存されますので、次回の記事からは接続先を選択するだけで大丈夫です。

 

【ペラサイト実践編】記事を書いてみよう

ここまでできて初めて記事作成ができます。

作り方はSIRIUSを購入すれば取説が付いているので、初心者でも簡単に記事作成ができます。

とはいえ、それだけでは味気ないので、ここでも詳しく解説していきますね。

記事を書く順番としては以下の通りです。

記事作成手順
  • タイトルを決める(サイト全体設定を決める)
  • タイトルに沿った内容の記事を書く
  • 装飾をつける
  • アップロードする

 

ここから詳しく説明していきますね。

タイトルを決める

SIRIUSではサイト全体設定という項目で、記事のタイトル・サイトのデザイン・サイトのURL・サイトの説明文を決めます。

①サイト名(記事のタイトル)
②サイトの説明文
③サイトのURL
④サイトのデザイン

これらを記入して「OK」を押せば、設定完了です。

 

タイトルに沿った記事を書く

サイトの設定が終わったらいよいよ記事の作成です。

タイトルに沿った内容の記事を作成します。

ポイントは「タイトルに沿った」という部分です。

 

初心者で多いのが、タイトルに関係のない情報を詰め込んでしまうことです。

いっぱい詰め込みたくのは分かりますが、うまくまとめられないと内容があっち行ったりこっち行ったりで、何を伝えたい記事かわからなくなってしまいます。

また、「関係ない内容でも無いよりは有ったほうが親切でいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それも間違えです。

関係のない内容があると、読者の知りたい情報が余計な情報で埋もれてしまい、せっかく書いた記事を読んでもらえなくなります。

 

そのため、「タイトルに沿った内容の記事」がとっても大切なので、意識して書くようにしましょう。

 

装飾を付ける

記事を書き終えたら装飾です。

大事な部分を目立たせる役目があります。

例えば、赤字マーカー、太字などですね。

 

ここでも注意していただきたいのが、付けすぎないことです。

付けすぎると逆に読みにくくなってしまいますので、本当に大事な部分にだけ付けるようにしてください。

 

アップロードする

記事を書き、装飾を付けたらインターネット上にアップロードします。

画像の「サイト生成」をクリックして、順次「OK」をクリックしてください。

すると下のような画面になりますので、「すべてのファイル」をクリックすればアップロードが始まります。

 

アップロード自体は5分もかかりませんが、ネットに反映されるまで時間がかかる場合があります。

確認しても反映されないからと言って何度も更新しないようにしてくださいね。

 

【まとめ】整備士でも数か月で稼げる

これまで、ペラサイトの始め方から、作り方まで詳しく解説してきました。

僕は整備士の仕事が終わってから、家で一日1記事ほど書いています。

初めて報酬が出たのはペラサイトを作り始めてから、2ヶ月ほどでした。

時間のない整備士でもコツコツと頑張れば、確実に結果は付いてきます。

それが、ペラサイトです。それが、アフィリエイトです。

 

毎月の給料をアップさせようとすると一年で上がって5000円ほどですよね。

しかし、アフィリエイトなら数ケ月で10000円の副収入が入ります。(私の場合はペラサイトで4カ月ほどでした。)

 

頑張って仕事を続けるのも大事ですが、こういう世界があるというのも知っていただきたいです。

だって整備士は本当につらいですもの。

  • 残業代は付かない
  • 昼食もまともに取れない
  • ミスは許されない
  • 給料は安い
  • 自分の時間が少ない

これらの生活に限界を感じたら、今回紹介したペラサイトを初めてるといいです。

もしかしたあなたの人生を大きく変えるきっかけになるかもしれませんよ。

>>ペラサイトの始め方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です