スポンサーリンク


ハムスターは夜行性ではない!?初心者が知っておきたい行動時間帯とは?

 

ハムスターは夜行性と言うのが広まっています。

確かにハムスターは夜に行動して、昼間は寝ています。

 

でも、実はハ ムスターは夜行性ではないんです。

これからハムスターを買おうとしている人は、行動時間が何時くらいなのか気になりますよね。

そこで、ハムスターの行動時間について詳しく説明していきます。

 

 

ハムスターは夜行性ではなく薄明薄暮

関連画像

動物学的にはハムスターは夜行性ではなく、薄明薄暮性に分類されます。

薄明薄暮性とは、 日没から夜明けの時間に行動が活発になる動物をさします。

モルモットやチンチラ、フェレットなども全てこの薄明薄暮性です。

 

 

「じゃあ、ハムスターの行動時間は夕方から夜明けまでなの?」

と言われると必ずそうとは限りません。

 

もともとハムスターは砂漠の生き物です。

砂漠には電気もありませんので、暗くなり始めるころに行動を開始します。

それが日没なんですね。

 

でもペットして飼われるハムスターは電気の光を浴びているので、日没になっても眠っていることが多いです。

そのため、人間が寝静まった深夜に行動を開始するので、夜行性と言われるようになりました。

 

ハムスターの具体的な活動時間は?

関連画像

では具体的な活動時間は何時ごろなのでしょうか?

結論から言ってしまうと、 個体によって違います。

人間でも、昼間におきている人もいれば、夜起きる人もいますよね。

 

ハムスターも同じで、起きる時間もバラバラで、人間の生活に合わせて昼起きている個体もいます。

そのため、一概に何時から何時に活動しているとは言えないのです。

 

 

また、同じ個体でも、日によって起きる時間が異なります。

19時に起きていることもあれば、22時まで寝ていることあります。

 

とは言え、少しでも目安が欲しいと思いますので、我が家の場合をご紹介しておきます。

我が家のれもんちゃんは遅くとも22時には起きて活動、朝7時前後に就寝してますよ。

 

ハムスターは夜寝ていることもある

ハムスターの仕事は食べて寝ることです。

人間みたいに何時間も働かなくていいので、 1日のほとんど時間を寝て過ごしています。

時間にすると14時間と言われていますが、実際はもっと寝ている気がします^^;

 

そのため夜に動き回ったら寝ていることもあれば、逆に昼間に起きて食事をしていることもあります。

常に起きて寝てを繰り返しているんですね。

 

また、ハムスターは捕食される側の動物です。

そのため、まわりの物音には敏感です。

 

寝ていても大きな物音がでると、巣箱から「どうしたの?」

という表情でこっちを見る(確認する)こともあります。

 

ずっと寝ていると襲われた時にどうしようもなくなってしまいますからね。

 

それでも基本は昼間に寝て、夜に起きる

ここまで、「ハムスターの個体によって行動時間は異なりますよ」

とお伝えしてきましたが、それでも 基本は昼寝て夜行動です。

夜の方がちょっとの物音でも起きるし、昼間は夜ほど敏感ではなくぐっすり眠っています。

 

そのため、初めてハムスターを飼うときは「夜うるさい」ことを覚悟しておく必要があります。

また、「昼間に一緒に遊べない」ということも理解しておきましょう。

 

とは言え、多くの方は昼間は学校や仕事で家にはいないので、よるお風呂を入ってから遊ぶというスタイルになると思います。

仕事から帰ってきてハムちゃんの癒しがあるのとないのではモチベが変わってきますよ。

 

それに夜うるさいのは対策でどうにでもなります。

僕の家のレモンちゃんも最初はうるさかったですが、今は夜中でも全然うるさくなく、ぐっすり眠れています。

 

対策を知りたい人は→こちらを参照してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です