スポンサーリンク


ハムスターの飼い始めに触るのが良くない理由!いつから触っていい?

ハムスターについて調べていると「飼い始めはあまり触らない方がいい」という記事をよく目にします。

では、その理由は何なのでしょうか?

また、家に迎えてからどれくらい経ったら触っていいのでしょうか?

時期早々に触ると懐いてくれなかったりしますので、正しい接し方を心がけましょう。

 

今回はそんなハムスターを触らない方がいい理由や正しい接し方をご紹介していきます。

 

 

ハムスターは飼い始めに触ってはダメ!その理由とは?

ハムスターを家に迎えた飼い始めと言うのは、可愛いハムちゃんに興味深々で触りたくなりますよね。

でも、飼い始めだからこそ触らない方がいいのです。

 

嫌われる

結論から言うと、飼い始めに触りすぎると嫌われます。

そもそもハムスターは縄張り意識が強く、群れない動物です。

そのため、触れ合うことが好きではなく、むしろストレスになります。

ましてや、自分より何倍も大きな人間に触られるとなると、恐怖心も半端じゃないでしょう。

人間を恐れ、怯えていまします。

 

また、ハムスターは 初期の接し方で今後の関係が決まるくらい懐初めは大事な時期です。

強引に触ったりするといつまで経っても懐いてくれなくなります。

怯えさせないためにも、飼い始めはなるべく触らない方がいいでしょう。

 

早く死んじゃう

実は触りすぎると早く死んじゃうんです。

研究でも証明されており、人間に触られるハムスターと触られないハムスターを比べた結果、触られたハムスターの方が寿命が短くなったそうです。

 

これはストレスが関係しており、人間に触れるとストレスが溜まることで死期が早まります。

つまり、触りすぎるとそれだけストレスになり、一緒にいられる時間が短くなってしまうのです。

 

逃げなくても触るのは良くない

人間慣れしているハムスターは触っても逃げないことがあります。

これは人間は怖くないと思っているからですが、実は触られることが好きとは限りません。

つまり、「逃げないだけでストレスにはなっている」と言うことです。

 

また、ハムスターも生き物なので感情の波があり、触られたくない時もあります。

そんなときに無理に触るとストレスになってしまいます。

例えば、寝ているときに無理に起こして手に乗せるとかは厳禁です。

人間都合で触るのは控えてください。

 

ただ、ハムスターの方から手に乗ってきたり、体を登ってきたりする場合は、「構ってよ」「おやつちょーだい」と言うような合図なので、触っても問題ないですよ。

 

飼い始めて何日待てばいい?いつからなら触ってもOK?

初期のうちに触りすぎると嫌われたり、寿命が短くなったりしますが、家に迎えてから何日くらいたったら触っていいのでしょうか?

 

一般的には1週間と言われています。

ただ、これはあくまで目安であって、これより長くなる場合もあれば、短くなる場合もあります。

 

では何をもって触っていいと判断すればいいのでしょうか?

それは ハムスターが人間に興味を持ち始めたかどうかです。

 

詳しくは「【初心者注意】ハムスターは初期の接し方が大事!正しい飼い方と手順」のしかたをご覧下さい。

 

飼い始めの触る頻度や時間は?1日何分まで?

ハムスターと触れあう時間は1日何分くらいがいいのでしょうか?

これは懐き具合によって変わってきますが、飼い始めのまだ懐いていないころは1日10分くらいにしておきましょう。

短いと感じるかもしれませんか、ハムスターは犬や猫などのようにベタベタ馴れ合う生き物ではないので、触れあう時間は長くても10分程度にしてください。

 

懐いてくると30分くらいは触れ合っても問題ないので、 飼い始めの頃は程よい距離を保ち、嫌われないように努めましょう。

 

 

まとめ

  • 飼い始めは最低1週間は触らない
  • 飼い始め初期の触る時間は1日10分程度
  • 触りすぎると嫌われたり、早く死んじゃう

 

繰り返しになりますが、ハムスターは初期に触りすぎると今後懐いてくれなくなります。

手乗りハムスターになってほしいなら、根気強く我慢しましょう。

我が家のレモンちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です