スポンサーリンク


ハムスターが手のひらでフリーズした!その理由や対策法方は?

「ハムスターが手のひらでフリーズした・・」「意地悪をしていたら急に固まった!」

何て経験ありませんか?

 

可愛いけど病気なのかな?と心配になりますよね。

 

我が家のレモンも手のひらで約7分フリーズしていたことがあります。

そのときの動画がこちらです。


お股を開いたままフリーズしてとっても可愛いですよね。

 

でも実はフリーズはあまりいい行為ではありません。

今回はそんなフリーズの原因や理由、対策方法を詳しく解説していきます。

 

ハムスターがフリーズする原因

ハムスターがフリーズする原因はなんなのでしょう?

フリーズする原因はいくつかありますが、主に以下の場合が多いです。

 

ビックリしたとき

「びっくり イラスト」の画像検索結果

ビックリしたときや予想外のことが起きたときにフリーズすることがあります。

例えば、急に後ろから触られたり夜中にいきなり電気がついた時です。

人間でも車に引かれそうになるなど、思わぬ事態に陥ったときに一瞬動けなくなる時がありますよね。

それと同じでハムスターもビックリした時に固まってしまいます。

 

ハムスターがビックリする理由のほとんどが、急に敵が現れたときで、だいたい夜中なので変に動くと見つかってしまいます。

そのため、人間のような一瞬ではなく、数分間フリーズするのです。

 

怖がっているとき

「怖がる イラスト」の画像検索結果

怖がっているときや怯えたときなど、恐怖を感じている時にもフリーズします。

フリーズすることで背景と同化して、敵から見つかりにくくしています。

 

ただ、 思考停止しているわけではありません。

恐怖の対象を判断し、直後にどんな行動を取ればいいのか、どうしたら現状を回避できるのかを考えています。

なので、触ったり、つついたりしてはいけません。

なるべく ハムスターと目を合わせずに、「ハムちゃんには興味ないよアピール」をしてください。

 

 

周囲を警戒しているとき

特に何もしていないのに、フリーズすることがあります。

そんな時は周りを警戒している時です。

初めて部屋んぽをしたり、今まで行ったことがない場所で起こりやすいです。

 

特に強いストレスを感じている訳ではないですが、床に這いつくばってフリーズしている時は結構警戒している時なので、注意が必要です。

写真を撮ったりすると恐怖を覚えて、写真嫌いになったりします。

 

できるだけ物音を立てずに、やり過ごすようにしてください。

 

フリーズしたときの対処法

もし、フリーズしたら以下のように対処してください。

フリーズの根本はストレスなので、間違った対処をすると嫌われてしまいます。

 

触らない

関連画像

まず何より触るのは厳禁です。

フリーズの原因はストレスにありますので、 触ると余計にストレスが溜まってしまいます。

つついたりしたくなりますが、ぐっと気持ちを堪えてやり過ごしてください。

 

なるべく見つめない

関連画像

フリーズする理由は怖がっていたり、周りを警戒している時です。

そんな時に見つめると、ハムスターもさらに緊張してしまいます。

 

体が小さく捕食される側のハムスターは見られるだけでストレスを感じてしまいますので、 なるべく目を合わせずに「ハムちゃんには興味ないよアピール」をしてください。

 

物音を立てない

「うるさい」の画像検索結果

ハムスターは大きな音が嫌いです。

フリーズした姿が可愛くて写真を撮りたくなりますが、シャッター音で余計に警戒しストレスになりますのでやめましょう。

また、「見てみてフリーズした!」と面白がって他の人を呼んだりするのもやめて、そっとしてあげてください。

 

 

写真や動画はNG

関連画像

先程も書きましたが、写真や動画はNGです。

理由は音が出るのと、 そもそもハムスターは見られるのが好きではないからです。

 

そのため写真や動画は撮らないようにしてあげてください。

 

手のひらでのフリーズは要注意

ここまで読めば何となく察しているかと思いますが、手のひらでのフリーズは飼い主を怖れている場合が多いので注意が必要です。

手の上で意地悪をしたりすると、飼い主を怖がってそのままフリーズをします。

 

つまり、手のひらでのフリーズは飼い主を嫌っている証拠と言えます。

もちろん、ただビックリしただけの場合もありますので、必ずしも嫌っているわけではありませんが、直前にハムスターが嫌う行動をしていたら飼い主さんに怯え、嫌っている可能性が高いです。

もし、 手のひらでフリーズをしてしまったら、一からいい関係を築き直す必要があります。

 

 

フリーズをさせない関係の築き方

フリーズは可愛いですが、ハムスターにとっていい行為とは言えません。

常にリラックして飼い主さんに懐いていたら、まずフリーズしないですからね。

 

逆に言えば、 フリーズをすると言うことは「まだいい関係ではない」と言うことです。

 

目指すはハムスターにフリーズをさせない良好な関係です。

そうすれば、手のひらで大人しくご飯を食べたり、熟睡してくれたりしてくれます。

 

このようなハムスターといい関係を築く3つの手順を「ハムスターに嫌われたかも・・!怖がれせてしまった時の対処法」にまとめてありますので、見てみてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です