スポンサーリンク


情報商材を80万円分買ってみた!有料と無料は大した違いがない?

こんにちは、じゅんです。

 

僕は学生の頃から 自己投資のために10万円20万円50万円の情報商材を買ったり、コンサルを受けたりしてきました。

社会人になっても何万円もする有料の情報商材をいくつか買っています。

 

そんな情報商材を買いまくってきた僕が、有料と無料の違いについて大公開していきます。

 

  • 情報商材って怪しい!
  • 何万円もの価値があるのかな?
  • 詐欺なんじゃないのか?

 

そんな事を考える人が多いと思います。

むしろそれが普通ですね。でもそれってすごい偏見だと思うのです。

ですので、今回はそんな情報商材に偏見を持っている人買おうか悩んでいる人に向けて、
有料と無料の違いをメリットを交えて紹介していきます。

情報商材を買ってみて

いきなりですが、僕が学生の頃買った 合計80万円の情報商材はほとんど参考になりませんでした。

言ってしまえば失敗ですね。

もちろん全くためにならなかった訳ではありませんが、当時はそれだけの価値があると思えませんでした。

僕が買ったのは、以下の3つです。

 

  • 転売に関する情報商材
  • BO(バイナリーオプション)の情報商材
  • 動画編集からYoutubeに関する情報商材

 

基本的に稼ぐ系の情報商材ですね。

もちろんコンサル料も含まれていたので、情報商材だけの値段ではありませんが、にしても高い。

 

ただこれは学生の頃の考えです。

今でも高いとは感じてはおりますが、まあ平均くらいの値段だと思います。

コンサルだけで30万円なんてザラですし、情報商材も何十万円もするものもあります。

 

ではなぜ、学生の頃と今とで感じ方が変わったのか。

これは非常に大きなポイントですので、情報商材に少しでも興味がある方、買おうと思っている方はぜひ読んでください。

情報商材への感じ方が変わった理由

僕が学生の時に情報商材を買ったのは、友達に起業家を紹介されたことがきっかけです。

ラクして稼ぎたいと思っていたし、友達も「もう買ったよ」と言っていたので流されるまま情報商材を購入しました。

実はこの時、商品の内容を知らされていなかったんです。

今考えると恐ろしい。笑

 

ではなぜ情報商材を買ったのかと言うと、何も考えていなかったからなんです。

友達とその場の雰囲気に流されて、なんだかすごい経歴の人が出てきたから「とりあえず買ってみるか」くらいのノリでした。

この軽いノリこそが、僕が情報商材にお金と同等の価値を見出せなかった原因なのです。

 

軽いと言っても当時はそれなりに本気でした。

ただ、ラクして稼げる仕事がマジで存在すると思っていたので、頭を使うとか勉強するとかいう考えを持っていなかったのです。

ですから実際に情報商材のコンサルを受けていても全く稼げないし、全然ラクじゃないしで気持ちが離れていきました。

 

要は、そこから何も学ぼうとしなかったのです。

これこそが情報商材で失敗する最大の落とし穴です。

 

ラクして稼げると思っているうちは情報商材を買っても稼げません。

ただ情報どうりにやるのではなく、「なぜそうやるといいのか」そこから何を学ぶかが、非常に大事です。

学ぼうとする姿勢がなければ情報商材はなんの価値もありません。

逆に言えば、 学ぶ姿勢をしっかりもち続ければ、支払ったお金以上の価値を生みます。

 

本でも同じですよね。

一度読んで「為になったなー」で終わらせるのと、その為になった事を日常に取り入れるのか。

言ってしまえば、「為になったなー」は為になっていないのです。

そこからどう繋げるかが、最大の鍵になります。

 

情報商材は安い!

学生のころ散々な目に合った僕ですが、社会人になってからも情報商材を買う機会が何度かありました。

社会人になってもすぐに性格が変わるわけではないので(変わろうとしていなかった)、買った情報商材も一度目を通しただけでほったらかしにしていました。

しかし、学生の頃と圧倒的に違うのがモチベーションです。

 

学生の頃は、社会にでれば何とかなると思っていたので、モチベーションが高くありませんでした。

でも実際 社会に出てみたら、なんともならない事を知りました。

だから「ここで頑張らないとやばいな」って本気で思うようになったのです。

その後、ほったらかしにしていた商材にも目を通すようになったのですが、しっかり見てみるとびっくりです。

こんなに為になることが紹介してあったのか!と心の底から思いました。

 

この時初めて頭を使うことの重要さがわかったのです。

これを機に惜しみなくお金を使うことをしましたが、やっぱり為になる。

為になりすぎる。

 

僕は思いました。

情報商材を生かすも殺すも自分次第なんだと。

20万円の情報商材を買っても毎月100万円の利益が出せれば、安すぎますよね。

実際に20万円のような高額な商品はそれだけの価値を秘めているのです。

 

情報商材は詐欺?

よく詐欺だの言われる情報商材。

実際に逮捕されている人もいるみたいで心配ですよね。

 

でも僕から言わせると、それは受け手が頭を使っていないからです。

もちろん中には法律上アウトな、いわゆる詐欺な商品もあります。

でもそれって、情報商材だけのことではないんですよね。

 

例えばお寿司屋さん。

みんな大好きマグロはガストロというサバ科の代用魚。

タイはナイルテラピアというアフリカの代用魚。

法律上問題はないかもしれませんが、高いお金を払ってマグロだと思って食べていたのが、実は違う魚だと正直嫌ですよね。

でもそれを知っていたら、本当のマグロを食べた時の高揚感が高まります。

 

つまり自分次第なんですよ。

もし 情報商材を買おうか悩んでいるならば、頭を使う事を念頭におきましょう。

でないと割に合わない買い物になってしまいます。

 

ちなみにこの業界で詐欺をしていても、いつかはいなくなりますよ。

本当にいい商品なら、紹介もされますし買われ続けます。

ただ通常の目に見える商品よりは、詐欺がしやすいジャンルではありますので、注意は必要です。

 

無料の情報じゃダメなの?有料と無料の違いとは

じゅん
情報商材の価値が自分次第で決まることは分かったんだけど、無料の情報じゃダメなのかな?

 

ネットに転がってる無料の情報じゃダメなのか。

 

結論から言うと、別に無料の情報でもダメではないです。

そもそも有料と無料の情報の違いって情報の質」という観点から見ると大きな差はないんですよ。

 

駅で無料で配ってるティッシュとスーパーに売ってる普通のティッシュの質ってそんなに変わらないですよね。

では何が違うのか。

 

一番は手に入れるまでの時間です。

ネットに転がっている無料の情報の中から、自分が知りたいことだけを探し出すにはかなりの時間がかかります。

それに対して有料の情報は自分が欲しいものを買いますので、探す手間と時間がかかりません。

知りたい情報にダイレクトにアクセスできるのです。

 

またネットの無料の情報は誰がいつどんな経緯で書いたのかわかりません。

つまり信用するに値しないということです。

実際にネットの情報はデマや誤った情報も、これでもかというくらい存在しています。

 

もちろん「質」の面では有料と同等の価値がある情報もありますが、無料だからと言ってその情報を無意識的に信じきれていないのです。

逆に言えば有料の情報は誰がいつどんな経緯で誰に向けて書いたのかがはっきりしているので、信用に値します。

つまり有料っていうだけで、これは確かな情報なんだと無意識レベルで信じ込んでいるのです。

 

スーパーにいってお肉を買う時、高いお肉はいいお肉だと無意識的に信用しているのと同じことなんですね。

有料は信頼に値する。

これが2つ目の違いです。

 

そして最後に3つ目の違い。

それはまとまっているかどうかです。

有料の情報は自分の知りたいことがまとまっています。

また知りたい情報以外の情報にも触れることができます。

 

例えばスーパーにティッシュを買いに行ったら、

鼻セレブというちょっと高級なティッシュがあることに気づくかもしれません。

また、新作のドックフードが売られていることに気づくかもしれません。

 

このように 求めている情報に付加された情報異なる角度の情報に触れることが有料のメリットです。

無料だと自分の知りたいことしか調べないので、こうはいきません。

有料と無料の違い
  • 時間と手間がかかるかどうか
  • 信用できるかどうか
  • まとまっているかどうか

 

これらを踏まえて有料な情報を買うか、無料で転がっている情報を探すかを決めたらいいと思います。

僕はお金を払って時間が増えるなら、バンバンお金を使います。

この『時間よりお金が大事』という考えはビジネスをする上で非常に大事ですので、肝に銘じておいてください。

詳しくはこちらをご覧ください。

成功者の共通した3つのマインド。

 

まとめ

以上、情報商材を買ってみての僕の考えです。

ポイントは、

  • 情報商材の価値を決めるのは自分次第
  • 無料と有料の情報に大きな差はない

 

情報は人によって価値が異なります。

一円の価値を見出せない人もいれば、値段の数倍の価値を見出す人もいます。

もし 情報商材を買おうか悩んでいるのであれば、まずはあなたが本気になることです。

でないと、昔の僕のような情報弱者になってしまいますよ。

 

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です