スポンサーリンク


退職したら確定申告をしよう!申告書A・Bや白色申告・青色申告の違いとは?

こんにちは、じゅんです。

今回は、退職するにあったて知っておきたい所得税確定申告に関わるお話をしたいと思います。

今までは会社が勝手にやってくれた確定申告ですが、退職したら自分でやらないといけません。

 

ですから、今回は退職して

・再就職までに時間がある人

・独立・起業を考えている人

に向けて記事を書いていきます。

確定申告をしないと 減免ができずに無駄に税金を払ったり、 バレたら罰金になったりなど良いことはありませんのでしっかり行いましょう。

退職にあたって知っておきたい税金と確定申告

退職するにあたって知っておきたい税金は「所得税」と「住民税」の2つです。

所得税とは、その年の所得をあらかじめ計算して支払う 前払い制の税金です。

住民税とは、前年の所得を基に計算して支払う 後払い制の税金です。

所得税は前払い制なので多く払い過ぎていたり、逆に足りなかったりします。

その差異の分を確定申告で調整します。大体は払い過ぎているので、多く支払った分が返ってきます。

 

会社員であれば給与から毎月天引きされる所得税ですが、個人事業主だと前年分の確定申告後にその年の所得税を前払いします。

 

住民税に関してはこちらで説明しておりますので、参照してください↓

退職したら住民税はどうなるの?金額と免除対象になる場合も一緒に紹介!

2019年1月31日

 

退職後に確定申告が必要な人とは?

まず確定申告が必要な人を書き出してみます。

退職して12月31日に就職していない人

・自営業やフリーランスの人

・副業で20万円以上の収入がある人

・一定額の公的年金を受け取っているい人

・会社勤めでも給与所得が2000万円を越える人

以上が確定申告が必要な人です。

 

中でも上2つの赤字で表記されている部分が退職後に確定申告が必要な人です。

順番に見ていきましょう。

 

《退職して12月31日に就職していない人》

会社員であれば会社が確定申告をしてくれますが、 無職になったら退職した年の分の申告を自分で行わないといけません。

また、再就職しても12月31日に源泉徴収が間に合わなかった場合も自分で手続きをする必要があります。

結婚退職して専業主婦になったなど誰かの扶養になる場合でも所得はありますので、忘れずに確定申告してください。

さらに、 退職金をもらって「退職所得申告書」を提出していない場合は払い過ぎた税金が戻ってくるので申告した方がいいです。

 

失業保険手当は収入ではないので、受給している場合でも確定申告に関係ないので安心してください。

合わせて読みたい

失業保険のもらい方と多くもらう方法
退職金はどれくらい貰えるの?

 

《自営業やフリーランスの人》

退職して再就職せずに自営業やフリーランスになった人は、収入が発生し続ける限り確定申告をしなければいけません。

しかし、自営業やフリーランスの人は収入が103万円を超えなければ確定申告する必要はないですが、売り上げが赤字になった場合は確定申告をした方がいいです。(理由は後述します)

 

また、確定申告は次年度の住民税や国民健康保険の算出基準となっています。

確定申告をすることで減免や免税を受けられることもあるので、稼ぎが少ない開業したての人にとっては嬉しい限りですよね。

 

 

確定申告の種類

確定申告にも種類があり、その人の働き方によって使用する書類が変わってきます。

では、退職した人やフリーランスの人はどんな確定申告をすればいいのか見ていきましょう。

確定申告書「A」と「B」

まず申告書は「A」と「B」の2種類があります。

「A」は会社員やアルバイトをしている人が使用する申告書です。

副業で20万円以上の収入がある方や医療費控除を受けたいときに用いられます。

退職して年末調整を受けていない人もここに該当します。

 

「B」は個人事業主やフリーランスの人が使用する申告書です。

独立しようと考えている人は今後申告書「B」で確定申告をする必要があります。

また 退職金をもらって会社をやめた人はこちらに該当します。

 

AはBを簡略化したもので、BはAの全てを兼ねます。

なのでAかBで迷った場合はBを使えば間違いはないです。

 

個人事業主は「A」を使えないけど会社員は「B」を使えます。

また、退職金をもらったかもらってないかで「A」か「B」かが違うので注意が必要です。

 

「白色申告」と「青色申告」

申告書Bは「 白色申告」と「 青色申告」に分けられます。

これは申請方法の違いで、

白色申告は帳簿が簡単な単式簿記で収入ー支出のようなシンプルなものです。

青色申告は帳簿が複雑な複式簿記でお金の動きとその原因も表すことができます。

また青色申告は複雑な分さまざまなメリットがあります。

青色申告のメリット

・青色申告の特別控除 (10万・65万)

・純損益の繰越控除(赤字の繰越)

・親族の給与を経費にできる(専従者給与)

 

《青色申告の特別控除》

これは所得税を計算するときに控除額が増えるということです。つまり 税金が減らせるのです。

実際に65万円も税金が減らせる訳ではないですが、数万から十数万ほど変わってきますのでかなり大きなメリットです。

 

《純損益の繰越控除》

これは赤字の繰り越しとも言われ、赤字になった年から3年の間に黒地になったら、 黒地を赤字で相殺して税金が減らせると言うものです。

1年目に200万円の赤字になって2年目に200万円の黒字になったら、通常は2年目の黒字の税金を払わなければいけないのですが、赤字の分と相殺して税金がかからなくなります。

 

《親族の給与を経費にできる》

所得税を計算するときに親族へ支払う給与を控除することができます。つまり 税金が少なくなります

白色申告でも似たような制度はありますが控除額が86万までという制限があります。

 

なお、青色申告は事前に『青色申告承認申請書』を提出しなければいけません

提出しないと自動的に白色申告になってしまいますのでご注意ください。

 

確定申告を個人でやりたいなら『freee』を使おう

確定申告は提出書類も多く難しい単語もたくさんあるので面倒くさいですよね。

そんな時は 税理士に依頼してみるのも1つの手かもしれません。

売り上げやどこまで依頼するかで金額は変わってきますが、一般的な値段は数万〜数十万円です。

 

それでも、毎年やることだから自分でやりたいよという方は『freee(フリー)』がおすすめです。

 

freeeのポイント
  • 対応金融サービス数がNo.1で全国3630の銀行・クレジットカードと連携しています
  • 簡単な質問に答えるだけで書類を作成してくれるので、特別な知識は不要です
  • 領収書の管理から確定申告までをスマホ一台でできる手軽さから100万人以上に愛用されています

 

ちなみにfreeeは法人でもご利用できます。

まとめ

以上、退職に関わる税金と確定申告について紹介しました。

ポイントは、

  • 確定申告をすることで払い過ぎた税金が返ってくる&免税を受けられる場合がある
  • 退職して年末調整してない人は申告書「A」
  • 退職金をもらった人は申告書「B」
  • 独立や企業をする人は青色申告書がおすすめ
  • 個人で確定申告をするなら『freee』

 

確定申告をいざしようと思うと大変です。

期間も約1ヶ月と限られていますので、早めにして後から慌てないように余裕を持って行いましょう。

ではでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です