スポンサーリンク


サラリーマンの夜の過ごし方!やることがないを解消する

 

こんにちは、サラリーマンブロガーのじゅんです。

 

皆さんは平日の夜は何をして過ごされていますか?

会社から帰宅してきても特にやることがないと言う人は多いのではないでしょうか。

特に実家暮らしの方は尚更。

僕も昔はその一人でした。

でもそれって非常に勿体無いんですよね。 人生は有限なのでどうせなら自分の為になることをした方がいい。

それはわかっていてもスマホをいじったりしてしまいますよね。笑

 

なので今回は家ですることがないサラリーマンに向けての記事を僕の体験も踏まえて書いていきます。

 

サラリーマンの夜の過ごし方

サラリーマンの夜って暇な人結構いるんですよね。

だからと言ってパチンコ屋に行くのは良くないですよ。

 

どうせ暇なら自分を磨いた方がいいと思いませんか?

サラリーマンは社会人です。自分の身は自分で守りましょう。

もちろん家族がいる人もいるので、ぐーたらに過ごすのは良くなです。

 

この先何があるかもわかりません。

会社をクビになって失業するかもしれないし、年金がもらえないかもしれません。

もっというと家族が倒れて看病をしなければいけなくなるかもしれません。

ですから暇なら 自分のことや家族のことを守れる力をつける努力をした方がいいです。

 

と言うことでやった方がいいことをいくつか見ていきましょう。

 

本を読む

暇ならまずは本を読みましょう。

本は成功者の思考やノウハウが詰まったものです。

それがたった数千円、中古なら数百円で買えるのでかなりお買い得です。

 

本を読むことであなたの思考がアップデートされより良いものになります。

そうすることで 今まで見えなかったことが見てるようになり、人生が数段楽しくなりますよ。

 

なぜなら 本を読んで得た知識を日常で使えるからです。

生活習慣の本を読めば生活習慣がいい方向に改善される。

結果健康になるので医者にかからなくてもいいし、家族に心配をかけなくてもいいですよね。

 

しかし、活字が苦手で本が読みたくない人もいるでしょう。

でも大丈夫です。活字も慣れます、苦手なのは読んでないから。

 

スポースでも同じですよね。最初は上手くボールを打てなかった、上手くシュートできなかった。

でも、やっているとだんだん出来るようになってきます。

 

とりあえず一冊、自分が面白そうと思うものでいいので読んでみることをお勧めします。

そしてそれを生活に取り入れて見てください。

そうすると本の凄さを実感して、気づけば2冊目、3冊目と手を出しているはずです。

 

本を読むのに注意して欲しいのが一点、学ぶ意識を持って読みましょう。

ただ読んでいるでけでは、なんの効果もありません。できればメモをとることをしてください。

 

運動

やることがないなら運動するのもいいでしょう。

運動は健康な体作りには欠かせません。

運動には様々な効果があります。

  • 骨が強くなる
  • 血液が綺麗になる
  • 脳を活性化する

etc…

具体的には

  • 骨粗鬆症の予防効果
  • 動脈効果、心筋梗塞、脳卒中の予防
  • 認知症の予防・改善

などのとてつもない効果を発揮します。

運動は身体だけなく脳までも元気にしてしまうので、 世の中のお金持ちは大体運動をしています。

 

ここで運動をする上での注意点を1つ。

高すぎる目標を設定しないでください。

高すぎる目標は自己研鑽ではなく自己嫌悪を招きます。

達成できなかったら「自分にはできない」と否定的になったり、やる気が起きなかったりします。

物足りないくらいの目標の高さの方が「やりたい」と思えます。

 

ネットを使った趣味

今の時代ネットを使えないと間違いなく取り残されます。

逆に ネットを使うことでいくらでもお金を稼げます。

現在YouTubeやVtube、プログラミングが話題ですよね。

その他にもホームページを作って集客したり、ネットだけでお金を稼いだり。

 

ネットがどれだけ重要な時代かわかるかと思います。

今後さらに発展していくと個人で映画を作ったりする時代も出てくるでしょう。

ですから時間を余しているのであれば、ネットを使って編集技術を学んだり、ブログを書いたりするといいでしょう。

 

今からやっても遅いことはないです。

まだ小学生の授業にプログラミングが導入されていないのですよ。

今の子供が大人になったら遅いと言えるかもしれませんが、今は参入の余地がありまくりです。

 

ちなみに編集やプログラミングは難しいと敬遠されがちですが、そんなことありません。

スマホが使えるのであれば誰でもできます。

だって今の時代ネットでググれば大体のことはヒットするのですから。

 

実際に 僕も動画の編集や加工を独学で勉強して、結婚式のムービー程度なら作れるようになりました。

今の時代編集や加工ができるとかなり有利なのは間違いないです。

SNSのアイコン、YouTubeの編集など様々な場面で使えるので。

 

良くない夜の過ごし方

ここからはあまりしない方がいいことを紹介していきます。

 

ギャンブルをする

暇だからといって パチンコ屋に行くのは良くないです。

正確にはギャンブルをするのが良くないです。

パチンコ屋でもしっかりと調査をして確信のある“投資”であるなら話は別です。

 

何も考えずにただするだけ、負けたらなんで負けたのかを考えずなんの根拠もなく「次勝てばいいや」と思っている人。

これは単なるギャンブルです。

実は僕がこのパターンだったんですね。

 

ギャンブルは時間と精神、場合によってはお金と身体を削ります。

お金をかけるということはそれだけで自分の精神を削ります。

負けたらお金もなくなるし、タバコを吸うペースも上がります。

 

パチンコ屋に行くのであればしっかりと調査してPCDAを回すことが重要です。

しかしサラリーマンであれば毎日パチンコ屋に行くのはほぼ不可能で打つ時間も多くは取れません。

なのでプロのように勝ち続けることはまず不可能です。

毎日素振りを100回する人とたまに10回素振りをする人では当然結果も違いますよね。

 

ですからサラリーマンがパチンコ屋に行くことはおすすめできません。

 

テレビを見る

今や一家に一台はあるテレビ。

でも テレビを毎日の日課のように見ることはおすすめしません。

テレビだけではなく、YouTubeエンタメ動画も一緒です。

 

なぜなら為になりにくいからです。

全く為にならないのではないですが、為になりにくいんですよ。

それなら 本を読んだ方が圧倒的に効率がいいです。

 

もちろん池上彰さんのような為になる番組もありますし、テレビから得られるものもありますからたまに見るなら良いですが、1日何時間も見る必要はないですよね。

 

ただし映画は見た方が良いです。

映画は人情や人の行動パターンなどを描いているので、学べるものがいっぱいあります。

実は経営者やいわゆる成功者は日常的に映画を見ていることが多いのです。

人を操れるようになると人生イージーモード化します。

 

僕もテレビを見なくなって時間が圧倒的に増えましたし、テレビをがなくても生きていけます。

と言ってもコミュニケーションのツールとしてテレビを見るのはいいかと思います。

つまりただの娯楽としてみる、そこから何も得ないのであれば見る必要はありません。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は 暇なら自分を磨こうというテーマについて紹介しました。

理由は自分や家族を守る為です。

その方法として

  • 本を読む
  • 運動をする
  • ネットを使った趣味を見つける
  • ギャンブルはしない
  • テレビは見ない

を紹介しました。

そうすることで自分に力をつけて、何かあった時に対応できる能力が身につきます。

 

一気にたくさんのことをしなくても良いです。

記事中にも書いたようにハードルが高いとそれだけでやる気が起きなくなるので。

ここでしっかりとやると他人より優れた人になって魅力が増しますよ。

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です